地震が怖いよ

先日東京のど真ん中へ出かけた時、地震に遭いました。グラ、グラ、グラグラグラー…ときた途端、心拍数が上がってしまった。名古屋にいた3年間、地震と無縁だったので、突然の揺れに冷静に対処できませんでした。


蘇るのは震災後1~2年間体験しまくった、グラ、グラ、グラグラグラグラ―…グゴオーーーッツと途中からデカくなるアレ。(揺れをカタカナで表現するのってむずかしい)


今回も(わ、来るのか?!)とビビったのですが、一緒にいた人々は「あー揺れてるねー」と動揺ゼロ。あとで調べたら私がいた場所は震度3、関東育ちには超日常茶飯事的な揺れサイズでした。


怖かった理由はもう1つ。私が都心にいる時に大きな地震→電車が止まる→帰れない→子供を迎えに行けないまずいどうしよう、となるから。あの時、顔が真っ青になった親が大勢いるんですよね…。


そんなことになったらどうしよう…そもそもこんな混雑した地下鉄の車内で遭遇したらどうなるんだろうとか、帰り道にいろいろ考えてしまった。


日本中どこに住んだって大地震が起きる可能性はあるんだけど、一都三県の人口の多さと、都心の入り組んだ鉄道網を目の当たりにすると、本気で懸案事項。東京防災をもう一度読んで備えを確認しなくては。