醤油糀と塩糀の使い道

自然食教室Cocochiへ。今月のテーマは「秋野菜の発酵ごはん」。

我が家の冷蔵庫には塩糀醤油糀が常備してあります。前者は魚や肉の漬け込み用、後者はご飯にかけたり炊き込みご飯にしたりと重宝していますが、逆に言えばそれぐらいしか用途がありませんでした。


でも実は、煮物のコク出しやドレッシングにも使えるんですね。そして酒粕はフルーツのディップになったりして、発酵食って「健康食」な素朴さに留まらないのが素晴らしい。そういえば、レーズンの酒粕漬けも美味しいですよね。


こちらはレッスンで作った、豆腐と甘酒をたっぷり使ったティラミス。生クリームではないので、皿いっぱいに載っていてもペロリと完食〜。胃もたれしない優しいデザートを作れるのも、発酵食品の魅力です。