guilt-freeなアイスBanan【おいしい英語】

夏の終わりに、バナナソフトクリーム専門店Bananのアイスを食べました。


こちら砂糖も乳製品も卵も使っていないスイーツ。日本初出店!!と騒いでいたので気になって行ってみたわけですが、マクロビスイーツにすっかり舌が慣れている私には、予想の範囲内の味でした。それよりお値段1000円にびっくり。

最近はこういうヘルシーな食べ物をギルトフリー(guilt-free)と表現しますね。罪悪感ゼロ。


しかしギルトフリーなハンバーガーとかラーメンって言い方どうなんでしょう?体質・信条を理由にベジミートを味わうとかなら分かりますが、「太っちゃうのヤダぁ~(罪悪感)」って理由で食べておいしいのかな?ハンバーガーやラーメンなんて、そもそもジャンクフードなんだから、食べたきゃガッツリ食べようよ、と思ってしまう私。


ところで日本語で「ギルティーフリー」と表記されているのを見かけますけど、間違いですね。


名詞+free=「~がない」という意味の形容詞


というルールなので。guiltyは、もともと形容詞です。「デューティーフリー」に引っ張られてるんでしょうか。


このアイス、9月末の「夏の終わり」に食べたつもりでしたが、今日は11月半ばにして夏日でした。夏の終わりって一体いつ?