やさしい日本語って何?

横浜市のHPには、英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語のほかに、「やさしいにほんご」のページがあります。

やさしいにほんごとは、「普通の日本語よりも簡単で、外国人にもわかりやすい日本語のこと」。


日本語が堪能でない外国人が、災害時に情報を入手できるようにと編み出された日本語で、「避難所」ではなく「逃げる場所」、「電車が不通」ではなく「電車が動いていません」のように表現します。


簡潔な表現=簡単、とは限らないんですよね。逆に漢字の表意を理解する日本人には、「避難所」「不通」と書いた方が、より速く情報が伝わります。


現在ではNHKがやさしい日本語ニュースを発信しているし、役所のHPでも別ページを設けるなど、情報伝達手段のひとつとして存在感を増しています。


英語でも"plain English"という表現方法がありますが、これは外国人向けというより、「まどろっこしい表現は、書くのも読むのも時間のムダだからやめましょう!」が基本理念。


We’re all busy people. We don’t want to waste a lot of time “translating” difficult, wordy documents. Plain language writing saves time. If we save time, we save money. Plain language is good customer service and makes life easier for the public. - plainlanguage.gov


こんな合理的な考え方、微妙な敬語を使い分ける日本人にはなかなかできないかもしれませんが、「失礼があってはならない」という意識が、外国人を相手にした時にかえってコミュニケーションの壁になることがありますよね。


例えばお土産屋さんで外国人観光客に試食を勧める際、「お召し上がりになられますか?」と低姿勢で聞いていたり、(「おいしいです。どうぞ」とか、"It's delicious! Try some!"みたいな超簡単な英語&笑顔でジェスチャーの方が買ってもらえそう)


スーパーのレジで、日本に住む外国人に「レジ袋はご利用になられますか?」と聞いてキョトンとされたり…(「袋は必要ですか」だったら伝わったはず)


いずれもテレビや近所での目撃談。相手を敬うこと=おもてなしではないんですよね。伝わらなければ意味がない!


日本語は敬語の種類やあいまい表現が多いので(「させていただきたいというふうに思っております」とか)、よりシンプルな「やさしいにほんご」を意識すると、日本人が苦手な英語も話しやすくなるのでは?と思います。


<参考までに>
NHKやさしい日本語ニュース
やさしい日本語ツーリズム研究会
やさにちチェッカー(やさしい日本語かどうか判定してくれる)
やんしす(どこがわかりにくいか指摘してくれるソフト)