英語で「スリッパ」は「スリッパ」じゃない

英語にあって日本語にない音との代表格と言えば、"r"の音。

fragrant(よい香り)

flagrant(悪質な)

ネイティブは「明らかに違う音」だって言うけど、日本人が聞くとその違いがよく分からない…のはよくある話です。

でもその逆、日本人は「明らかに違う音」だと思ってるけど、外国人(特に英語圏の人)にとって聞き分け&発音しにくい音があります。


それは促音。いわゆる、ちっちゃい「っ」です。

出張(しゅっちょう)
主張(しゅちょう)

そこに、いてください
そこに、いってください

聞いても、どっちがどっちだか分からないんだそう。

英語には「っ」の音がないというのを大学生の時、音声学の授業で初めて知って、それまで読み書き中心の英語しか学んでこなかった私は衝撃を受けました。。。

ら行とだ行、ちっちゃい「っ」が微妙な音の違いだというのは、子供の落書きからもよく分かります。